« 元気の源&若さの秘訣は?! | トップページ | 魚を使って揚げ物に初挑戦! »

しめサバのあぶりのレシピ★ガスコンロモニター

こんにちは、エコンロ隊のナリタですhappy01

今回は金沢市にお住いのHさんのレポートですmemo

Hさんには、最新ガスコンロを使って作られたお料理のご紹介と、コンロの使い勝手、おすすめポイントなどをお伺いしますkaraoke

Q.今回作られたお料理のご紹介をお願いします。

A.新鮮なサバを使ってしめサバを作り、表面をあぶりました。市販のしめサバとは違った味わいです。手作りならではの温かい状態で食べると、普段食べているしめサバとは、また違う味わいがあって美味しいです。

Q.このお料理を作るにあたって役立った機能はありましたか?

A.このガスコンロは、基本的に鍋がコンロに乗った状態で火力が働く仕組みになっていて、鍋を火から外すと火力がとたんに弱くなります。しかし、「あぶり高温炒めモード」にすると、鍋がなくても火力が働くため、「直火焙り」のような調理方法も可能になります。今回はこの「あぶり高温炒め」機能を使ってサバをあぶってみました。チャーハンなど鍋をあおって高温で炒める料理方法にもこの「あぶり高温炒めモード」が使えます。また、各コンロごとにタイマー機能があり、加熱時間を設定できるため、コンロから離れていてもタイマーさえ設定しておけば自動的に消火してくれ、おまけにタイマー終了間際にはアナウンスまでしてくれるので、消し忘れることがなくてとても助かります。各コンロのスイッチは、点火している間はランプが点灯するので、遠くからでもどのコンロが使用中なのかひと目で分かるもありがたい機能です。おかげで、コンロで調理している間も消し忘れを心配することなく他の作業にも集中することができます。

ありがとうございますhappy01 いい感じで焦げ目がついて、焼き色がきれいですねshine
自宅で料亭のようなお料理が味わえるなんてステキです。
それではTさんご自慢のお料理レシピをご紹介しますnote

Dscn1419

しめサバのあぶり

▼材料(4人分)
サバ…1尾
塩…小さじ1
酢…300cc
大葉…2~3枚

▼作り方
1)サバは3枚におろし、腹骨をすき取り、小骨を毛抜きを使って抜く。
2)サバに塩をして4時間くらい冷蔵庫で寝かせる。
3)サバの塩を酢で洗い流した後、表面の薄皮を手ではがす。
4)キッチンペーパーでくるみ、サバがぴったり収まる密閉容器に入れて酢を回しかけ、フタをして30分ほどおく。
5)(4)に焼き串を3本刺して、「あぶり高温モード」に設定したガスコンロで強火で皮目を焼き色がつくまで焙る。
6)火からおろし1cm幅くらいに切り、大葉を敷いた皿に盛りつけ、わさび醤油(分量外)をつけて食べる。

▼作り方のポイント
ごく浅く塩と酢でしめるだけなので、サバは新鮮なものを使ってください。
焙った直後のまだ表面が生温かい状態で切って食べると、熱で溶けた脂がまったりと舌にからみつき、いつものしめサバとは全く違う味わいが楽しめます
市販のしめサバを皮目だけあぶって香ばしく焼き色を付けるのとはまるで違った味わいになります。今回は自家製で作りましたが、市販品でやってみてもきっとおいしいと思いますよ。

02

|

« 元気の源&若さの秘訣は?! | トップページ | 魚を使って揚げ物に初挑戦! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 元気の源&若さの秘訣は?! | トップページ | 魚を使って揚げ物に初挑戦! »