« 「火育」の知識を深めたい | トップページ | やかんの吹きこぼれ防止のコツ »

ラムチョップのローストのレシピ★ガスコンロモニター

こんにちは、エコンロ隊のナリタですhappy01

金沢市にお住いのHさんのレポート、の前回の続きですmemo

Hさんは前回二品も作ってくださいましたので、今回は二品目のレシピのご紹介ですshine

Q.最近、よく使っている機能はありますか?

A.長時間の煮込み料理を作る際、左右のコンロに比べて火力が弱めな「後コンロ」を使っています。最小火力になるのが使いやすいです。「タイマー機能」だけでも、火を通し過ぎると失敗しがちな「鴨ロース煮」なんかにも活用させていただいています。

Q.「この機能、こんなことに使える!」というのはありますか?

A.「もち」を焼くのには、グリルのアラカルト機能の中の「ピザ」が最適です。こんがりおいしそうな焼き目がつきます。あらかじめアラカルト機能に設定されている焼き時間もちょうどいいんです。

Q.最近、役立った機能は何かありますか?

A.先日、コンロの安全機能に救われました。料理の煮汁を煮詰めるのに鍋を左コンロに掛けておき、パソコンで調べ物をしていたんです。すると、しばらくしたら「左コンロ、安全装置が働いて消火しました。」のアナウンスが。見てみると煮汁が焦げ付いていましたが、程度は大したことがなかったので少し力を入れて洗ったら何とかきれいになりました。前のコンロなら鍋が真っ黒焦げになっていたと思います。妻に口うるさく言われることもなく(笑)助かりました。

最新ガスコンロならではのエピソードをご紹介してくださり、ありがとうございますsign03

それでは、Hさんご自慢のお料理レシピをご紹介します。

おもてなしにやお祝いにもピッタリ、「ラムチョップ」を使ったごちそうメニューですよ。

01

ラムチョップのロースト 赤ワインとバルサミコ酢風味
  
▼作り方(4人分)
ラムチョップ(骨付きラム肉)…2ブロック
セロリ(葉の部分)…2つかみ
タマネギ(薄切り)…1/2個
赤ワイン(漬込用)…150cc
塩・コショウ…適宜
<ソース>
赤ワイン…135cc
バルサミコ酢…15cc
生クリーム…10cc
バター…2cm角
ニンニク(すりおろし)…チューブ2cm分
タマネギ(すりおろし)…大さじ1

▼作り方
(1)ラムチョップは凍っていたら室温か冷蔵庫で自然解凍する。セロリは適当な大きさにちぎる
(2)バットに下からタマネギ、セロリ、ラムチョップ、タマネギの薄切り、セロリの順に重ね、キッチンペーパーで包み、赤ワイン(漬込用)をかけて数時間おく。
(3)ラムチョップを取り出し、水気を拭き取った後、塩、コショウをし15分ほど置いておく。
(4)フライパンに油(分量外)を熱し、ラムチョップを入れ全面に焼き色をつけて取り出す。(中まで火は通さない)
(5)天板にラムチョップを乗せ、160度に予熱したオーブンで14分加熱する。取り出し、アルミホイルに包んで中の肉汁を落ち着かせるためしばらく置いておく。
(6)鍋に油(分量外)を熱し、ニンニクのすりおろし、タマネギのすりおろしを入れてを炒め、香りが出てきたら赤ワイン(ソース用)、バルサミコ酢を入れて煮詰める。水分が少なくなったら生クリーム、バターを加える。
(7)ラムチョップを切り分け皿に並べる。ソースをかけてクレソン(分量外)を添える。

▼作り方のポイント
オーブンの温度、焼き時間さえ守れば失敗なくできる料理です。
ラムチョップは百貨店の地下食材売り場などで売っています。香林坊大和の地下で購入しました。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 石川県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村

|

« 「火育」の知識を深めたい | トップページ | やかんの吹きこぼれ防止のコツ »

コメント

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

投稿: 履歴書の書き方の見本 | 2013/12/23 10:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「火育」の知識を深めたい | トップページ | やかんの吹きこぼれ防止のコツ »