« 誕生日はデコカップケーキでお祝い☆ | トップページ | ダッチオーブンのビーフシチュー★塩麹レシピ »

魚介のパエリアと甘エビのアヒージョのレシピ★ガスコンロモニター

こんにちは、エコンロ隊のナリタですhappy01

今回は金沢市にお住いのHさん(男性)のレポートですmemo

Hさんには、最新ガスコンロを使って作られたお料理のご紹介と、コンロの使い勝手、おすすめポイントなどをお伺いしますkaraoke

Q.今回作られたお料理のご紹介をお願いします。

A.今回は魚介類を使った料理を作りました。パエリアと甘エビのアヒージョです。アヒージョはスペインの小皿料理で、オリーブオイルとニンニクで煮込んだ料理です。料理に使ったムール貝など魚介類は近江町市場で購入しました。パエリアはよく作るのですが、使う具材はその時々で安く売っている食材を使って作っています。ちなみに、海鮮寄せ鍋セットは1パック580円、牡蠣は1パック298円、アサリは1パック298円、ムール貝は10個で250円でした。甘エビは前日お刺身に使った残りのものを使っています。

Q.普段のお料理をされていて役立った機能はありましたか?

A.一定時間コンロを使用していると「左コンロ使用中です。」という風に知らせてくれるのが安全面で助かります。以前、うっかり左コンロに弱火で油の鍋をかけたまま外出してしまったことがありました。「左コンロ使用中です。」のアナウンスで家にいた息子が火を止めてくれたのでよかったのですが、「前のコンロだったら危なかったなぁ」としみじみ思いました。あと、使用中のコンロにはランプが点灯するので、遠くから見てもどのコンロに火が付いているのか一目で分かります。火を消し忘れすることがなくなりました。

Q.今後使ってみたい機能はありますか?

A.「タイマー設定モード」は時間を指定して加熱することができるので、とろ火でじっくり煮込む料理にはなかなか使えそうです。後ろコンロでは超とろ火が設定できるので、タイマー機能と併せて正月料理の黒豆や、ビーフシチュー(我が家では正月料理の一つになってます。)などに使ってみようかと思っています。

Q.この機能、こんな裏ワザでも使えますというのはありますか?

A.以前にもお伝えしたのですが、とろ火でじっくり加熱するなら、グリルのダッチオーブン機能も使えますよ。これを併用すれば、とろ火煮込み料理が一度に二つ作れます。

おしゃれなお料理を二品も作ってくださり、ありがとうございます。お正月料理はぜひ最新機能を活用して作ってくださいねwink

料理好きのHさん、ビールを飲みながら楽しくお料理されているそうですよ 今回のお料理もお酒のおつまみにぴったりですshine

それでは、Hさんご自慢のお料理レシピをご紹介しますhappy01

01_b

魚介のパエリア

▼材料(4人分)
米…2.5合
タマネギ…中1/2個
ニンニク…2~3片
トマト…中2個
オリーブオイル…大さじ3
サフラン…1瓶                     
スープ…約400cc
海鮮寄せ鍋セット…1パック
牡蠣…1パック
アサリ…1パック
ムール貝…10個程度
甘エビ(頭付きのもの)…5尾ほど
ピーマン・赤パプリカ…適宜
塩・コショウ…少々

▼作り方
1)タマネギ、ニンニクはみじん切り。トマトは湯むきして種を取って粗く刻む。ムール貝はたわしでこすってひげを引き抜く。
2)魚は塩、コショウで下味をつけ、エビ、貝類は日本酒か白ワイン(分量外・適量)で蒸し煮する。蒸し煮した後の汁はとっておく。貝類は4~5個を除いて殻から外す。
3)サフランはぬるま湯(分量外・200cc)に15分ほどつけておき、取り出す。
4)パエリア鍋にオリーブオイルをひき、タマネギ、ニンニクを炒める。タマネギが透き通ったらトマトを形が崩れるまで炒め、米を投入し透き通るまで炒める。
5)サフランをつけた湯、蒸し煮した後の汁、スープを米が隠れるくらいまで投入する。かき回しながら中火で煮て行き、水気が足りなくなったら少しずつスープを足す。
6)米の芯がほとんどなくなり、水気がほぼ飛んだ状態になったら魚を乗せ、230度のオーブンで10分加熱する。ガスコンロに移して残りの具を乗せ、フタをして弱火で5分加熱、5分蒸らして完成。

▼作り方のポイント
具はあまりこだわらなくてもその時手に入り、値段の安いもので十分。
魚介だけでなく鶏肉やキノコを使ってもいいです。
貝とエビを蒸し煮するとき、白ワインだと煮汁の酸味が強すぎるので、日本酒と半々にしています。
貝類は全部殻つきにするとパエリアの表面を埋め尽くすことになるので4~5個を除いてから殻から外します。
米はとがずにそのまま入れます。
(6)の水気がほぼ飛んだ状態になるとは「ぶす・・ぶす・・ぱふ・・ぱふ」といった音がしてきます。
(6)のオーブンに入れる状態の見極め方は、1~2回作ると感覚がつかめるようになります。

02_b

甘エビのアヒージョ(ガーリックオイル煮)

▼材料(4人分)
甘エビ(殻つきのもの)…10尾ほど
ニンニク…2片
油…150ccほど(12cmミニスキレットに深さ7mmくらい)
鷹の爪…1本
アンチョビソース…少々
パセリ…少々 
バゲット…適宜

▼作り方
1)甘エビは頭を取って殻をむき、尻尾もとって身だけにする。頭は捨てずに取っておく。
2)ニンニクは薄切り、鷹の爪は種を取って細切りにする。甘エビの頭は蒸し煮する。
3)ミニスキレットに油、ニンニク、鷹の爪を入れて弱火で熱し、ニンニクがカリッとするまで火を通す。甘エビの頭の中のミソを油の中へ入れ、アンチョビソースを投入する。
4)甘エビの身を油に入れ、火が通るか通らないかのタイミングで火を止めパセリを振って完成。バゲットを添えてミニスキレットのまま食卓に。

▼作り方のポイント
油はオリーブオイルだけにすると風味が強すぎるので、サラダ油7:オリーブオイル3くらいにしました。
高温で「揚げる」のではなく、低温で「煮る」ようにしてください。
アンチョビソースは入れすぎると、せっかくのエビミソのうまみが消されて塩味だけになるので入れすぎに注意します。
甘エビの身もおいしいですが、バゲットに油と底に沈んだエビミソをつけて食べると止まらなくなります。
余った油は炒め物に使っても良いですが、次回以降に使ってもより濃厚な風味が楽しめます。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 石川県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村

|

« 誕生日はデコカップケーキでお祝い☆ | トップページ | ダッチオーブンのビーフシチュー★塩麹レシピ »

コメント

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

投稿: 伝わる履歴書を書きましょう | 2013/12/01 19:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 誕生日はデコカップケーキでお祝い☆ | トップページ | ダッチオーブンのビーフシチュー★塩麹レシピ »