« 北陸の冬に最適!ガスファンヒーター♪ | トップページ | JA松任さんのイベント! »

最新ガスコンロお客様レポート★おでん

こんにちは。エコンロ隊のナリタですhappy01

今回は、野々市町にお住まいのMさんの、最新ガスコンロについてのレポートをご紹介しますshine

Mさんにガスコンロの使い勝手とおすすめポイントについて伺いました。

今回は、これからの季節にぴったりの「おでん」を作っていただきました。

ナリタ:使ってみて、便利だなと思った機能は何でしたか?

Mさん:スジ肉を圧力鍋で下ごしらえする時に、コンロの火力調整機能が役に立ちました。圧力鍋は調理時間を短縮してくれるのでよく利用するのですが、火加減の調整が必要なのです。このコンロの火力調整機能を使って、丁度よい火加減にすることができました。この機能はいじめ煮(詳細は作り方参照)にも使いました。

ナリタ:それは、もしかして湯沸し機能のことですか?
湯沸し機能を使うと、沸騰後保温することができますね。
わが家では、夏の麦茶を作るときにとても役立ちますが、色んな応用ができますね。
おでんは下ごしらえも結構手間がかかりますね?

Mさん:いろいろな材料の下ごしらえをしなくてはいけないのですが、火力が強いのですぐにお湯が沸くので助かりました。IH調理器に負けないスピードですね。

ナリタ:煮込み料理は時間がかかるイメージがありますが、どうでしたか?

Mさん:各コンロにタイマーが付いているので、材料の下ごしらえやおでんを煮込む時にあせらずに調理することができました。あれもこれもと調理していて手が離せなくても自動で火が消えるので大助かりでしたhappy01
今まではキッチンタイマーに頼っていたのですが、キッチンタイマーは一つしかないので調理が重なると困っていたのです。このコンロはタイマー付き、しかも自動で火を消してくれるのですごいですsign03さらに、ガスコンロが3口あるのをすべて使って調理したのでとても早く作ることができましたnote

少し肌寒さも感じるようになりましたので、あったかおでんの出番も増えそうですね。

それではMさんご自慢のお料理をご紹介します。ご家族みんなであたたまってくださいねnotes

024

おでん

▼材料
牛すじ肉、ダイコン、サトイモ、コンニャク、卵、練りもの各種などお好みで。
だし…適宜
<鶏団子>
鶏ひき肉、酒、片栗粉少々、ネギのみじん切り、ショウガのしぼり汁

▼作り方
1)牛すじ肉を一口大に切り、沸騰したたっぷりのお湯で湯がく。一度ざるにあげ、きれいに洗う。圧力鍋にスジ肉を入れ、水をひたひたに入れ、ネギ、ショウガ、ニンニク(分量外)を入れて火にかけ、20分くらい煮る。鍋の圧力が下がったら蓋を開け、肉を取り出す。
2)鶏ひき肉に酒、塩、片栗粉少々、ネギのみじん切り、ショウガの絞り汁少々を加えよく練り、団子に成形し沸騰した湯で軽くゆでる。
3)ダイコン、サトイモ、コンニャクの下ごしらえをし、ゆで卵を作り殻をむいておく。
4)練りものも軽く湯通ししておく。
5)土鍋にだしを入れ、味付けする。(各家庭の味付けで!!)
6)下ごしらえした牛すじ肉、ダイコン、サトイモ、コンニャク、ゆで卵を入れ、ことことと弱火で煮る。
7)最後に鶏団子と練りものを入れ、温まったらできあがり。

▼作り方のポイント
だしにダイコンやサトイモ、コンニャク、卵を入れてことことと煮る時に絶対ぐつぐつと沸騰させないこと。いわゆるいじめ煮で!!
ダイコンやサトイモをある程度煮込んだら、一度火を消して休ませること。味がしみこみます!

|

« 北陸の冬に最適!ガスファンヒーター♪ | トップページ | JA松任さんのイベント! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北陸の冬に最適!ガスファンヒーター♪ | トップページ | JA松任さんのイベント! »