« 最新ガスコンロお客様レポート★GBSポテト | トップページ | 最新ガスコンロお客様レポート★鶏モモ肉のじっくり焼き »

最新ガスコンロお客様レポート★豚肩ロースの紅茶煮

こんにちは。エコンロ隊のナリタです。

今日は、金沢市にお住まいのYさんの最新ガスコンロについてのレポートをご紹介します。

Yさんにガスコンロの使い勝手とおすすめポイントについて伺います。

今回はYさんに「豚肩ロースの紅茶煮」を作っていただきました。豚ロース肉を圧力鍋で紅茶を使って煮込んだお料理ですhappy01

ナリタ:このお料理を作るにあたって、ガスコンロの便利な機能や、役立った機能はありましたか?

Yさん:キッチンタイマーを使用しなくても手元のガスレンジにタイマー機能があるため、圧力鍋を使う煮込み料理にはとても便利でした。 

ナリタ:タイマー設定は、指定の時間が経過すると自動的に火を消してくれる機能ですね。煮込み料理など長時間火にかけるお料理には便利ですよね。他にも、煮込み料理の際、万が一お鍋が焦げても初期段階で検知して自動で消火してくれる「焦げつき消火機能」もあるので安心ですね。

Yさん:他には、盛り付けのときにお肉の下に茹でた豆モヤシを敷いたのですが、そのときお湯を沸騰させて豆モヤシを蒸し茹でました。湯沸かしタイマー機能が役立ちました。

湯沸かし機能は、沸騰すると鍋の温度を感知して「ピピッ」と音で知らせてくれます。火を消し忘れると、一定の時間が過ぎると自動で消火もしてくれるので安心ですよ。

それでは、Yさんご自慢の「豚肩ロースの紅茶煮」のレシピをご紹介しますnotehappy01

Rimg1582

豚肩ロースの紅茶煮

▼レシピ:4人分
豚肩ロース肉…1ブロック
豆モヤシ…1袋
紅茶ティーバッグ…2個
レモン…1/2個
酢…200cc
みりん…60cc
醤油 60cc
※上記3点、味ポンでも代用可 

Rimg1560

▼作り方
1)豚肩ロースと紅茶ティーバッグを入れた圧力鍋に、肉がひたひたに浸かるくらい水を加える。強火で加熱し、高圧になったら弱火にし、15〜20分ほど煮込む。その後、一晩または数時間放置する。 
2)酢、みりん、醤油を混ぜる。(好みで割合を変えると良い。ポン酢でも代用可) 
3)(1)の鍋から豚肩ロースを取り出し、タッパーに入る大きさのかたまりに切る。 
4)密閉容器に(3)の豚肩ロースとイチョウ切りにしたレモンを入れ、1日ほど漬け込む。途中、肉を何度か裏返す。 
5)少量の湯で豆モヤシを蒸し茹でする。 
6)大皿に豆モヤシを敷き、その上に(4)の豚肩ロースを薄切りにしたものを並べ、一緒に漬け込んだレモンをトッピング。漬け込んだ汁をさっとひと回し入れて出来上がり。   

▼作り方のポイント
紅茶で煮ることによって、臭みが取れ、柔らかく、色も良く仕上がります。 通常のモヤシで も良いですが、豆モヤシを使うと見た目が良くなります。 タッパーに漬け込んでおけば1週間ほど冷蔵庫で保存可能です。

|

« 最新ガスコンロお客様レポート★GBSポテト | トップページ | 最新ガスコンロお客様レポート★鶏モモ肉のじっくり焼き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最新ガスコンロお客様レポート★GBSポテト | トップページ | 最新ガスコンロお客様レポート★鶏モモ肉のじっくり焼き »