« 最新ガスコンロお客様レポート★秋刀魚のコチジャン煮 | トップページ | 最新ガスコンロお客様レポート★ロールキャベツ »

Tさんのお客様レポート★煮込みはやっぱりガスで◎

こんにちは。エコンロ隊のナリタです。happy01

今日は、金沢市のTさんの最新ガスコンロレポートをご紹介します。

Tさんにガスコンロの使い勝手とおすすめポイントについて伺いました。
今回は大人のビーフシチューを作ってくださったTさん。

ナリタ:ビーフシチュー作りで、ガスコンロはどこが使い勝手が良かったでしょうか?

Tさん:コンロの火力が安定しており、小さな火にすることもできるので
玉ねぎをあめ色に炒めるときも、じっくりと焦がさずに炒められます。

ナリタ:あめ色玉ねぎを作るときは、温調機能を応用してもいいかも知れませんよ!
温度調節機能というと、「揚げ物・天ぷら」だけではありません
例えば、お使いのデリシアの場合、140度で低い温度での一定を保てるので
あめ色玉ねぎ作りに良いかも知れませんね。

Tさん:長時間の煮込み料理は、うっかりコンロをつけっぱなしにしてしまうのが
心配ですが、タイマーで時間設定することができますし、時間が来たら
ピピピッという音で知らせてくれるので助かります!

ナリタ:タイマー機能は必須アイテムですね。忙しい主婦はタイマーを
フル活用して家事をこなしましょう!

それでは、Tさんご自慢の大人のビーフシチューをご紹介します!

Photo

肌寒い季節になると、コトコト時間をかけて煮込んだお料理が恋しくなります。
頂くときはもちろんですが、作っている過程もまた、なんともいえない穏やかな幸せに満ち溢れます。
ガスコンロの火が、シチューの香りとともに、温もりまで届けてくれる“しあわせ時間”は
これからの季節限定の楽しみです。

● レシピ:
牛肩バラ・ブロック肉 1・5キロ
玉ねぎ4個
人参大1本
ジャガイモ(レッドムーン)5個
赤ワイン 一本くらい
デミグラスソース3缶
塩コショウ 少々
ブイヨンキューブ お好みで。
ブロッコリーなどの添え野菜
サワークリーム

●作り方
(1)牛肉をげんこつ大にカットし、塩コショウし、小麦粉をはたいてソテーする

Photo_2

(2)玉ねぎはあめ色になるまでフライパンで炒める
(3)ソテーした牛肉と玉ねぎを入れた鍋に、ひたひたになるまで赤ワインを入れて煮込む
(4)肉が柔らかくなるまで煮込んだら、デミグラスソースを加え、面取りしてソテーした
ジャガイモと人参も入れてさらに煮込み、一晩寝かせます。
(5)最後にお好みで、塩コショウで味を調えます

Photo_3

(6)浸透圧で味がしみたビーフシチューに、硬めに茹でたブロッコリーなどを添えて盛り付ける。
たっぷりのサワークリームとともに頂くと、さらに美味しいです。

Photo_4

ポイント
今回作ったビーフシチューは、ブロック肉を豪快に使っています。
通常、シチューにはすね肉を使うことが多いのですが、どうしても繊維が崩れて溶けやすいので、ブロック肉の味わいをふんだんに楽しむためにはバラ肉や肩ロース肉がお勧めです。

大人の・・・というタイトルは、水を一切使わず、赤ワインのみで煮込むため。
出来れば料理酒ではなく、食事用のワインを使うのがポイントです。
ジャガイモも、レッドムーンという種類のものを使うと、甘みがあり、煮崩れず、更においしくなります。

以上、大人のビーフシチューでした。

Tさんから・・・
前回教えて頂いた、ステンレス五徳用のクリーナーを購入して使ったところ、確かにきれいになりました!
熱による黒ずみは完全には取れませんが、かなり気にならないレベルになりますしステンレスを傷つけない、とても優しいクリーナーです。
実は、この専用クリーナーを購入するまえ、自宅にあった市販のステンレスクリーナーを
使っていたのですが、それには研磨剤が入っていたため、少し五徳に傷がついてしまったのです。
もっと早く、専用クリーナーを買えばよかったと後悔です。
というお話も伺いました!

|

« 最新ガスコンロお客様レポート★秋刀魚のコチジャン煮 | トップページ | 最新ガスコンロお客様レポート★ロールキャベツ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最新ガスコンロお客様レポート★秋刀魚のコチジャン煮 | トップページ | 最新ガスコンロお客様レポート★ロールキャベツ »