« わが家の自慢の夏レシピ応募作品★じゃこのせ豆腐サラダ | トップページ | わが家の自慢の夏レシピ応募作品★ジャージャー麺 »

最新ガスコンロお客様レポート★焼きピラフ

025

こんにちは。エコンロ隊のナリタです。
今回は、金沢市にお住まいのTさんから、デリシアをお使いいただいた感想のレポートと、おすすめレシピをお届けします。

Tさんから頂いたメールには、感動のお言葉がsign01
喜んで使っていただいている様子が目に浮かびますね。

以下、Tさんからのレポートですshine

届いたデリシアを一ヶ月以上使わせて頂き、その使いやすさと、見た目の美しさ 手入れのしやすさに日々感動しております。
まだ試行錯誤の段階なので、十分なモニター報告は出来ませんが、 徐々に、機能等を使いこなせるようにがんばります。

ガスコンロを選ぶ理由の一つに、“土鍋でご飯が炊けること”が挙げられます。
土と火でご飯を炊く・・・という日本古来の方法は、お米の美味しさを最大限に引き出す調理法であり、毎回同じように炊いても、水の温度や、気温などの自然環境によって、炊きあがりに若干の差がでるのが特徴です。

若干の差・・・というのは、火の神様の嬉しいイタズラなのか、年に数回、それはもう!びっくりするほど、おいしい、おいしい、ご飯が炊きあがるのです。
それは、ガスコンロと、かまどさんと、自分の、しあわせな協働作品
ということで、初回レポートは、デリシアで炊いた玄米・白米ブレンドご飯で作る大人向けの焼きピラフを紹介します。

食事の主食・・・というより、お酒を飲んだシメに向いていますので、ご飯の量は少なめ、黒胡椒をピリッと効かせていただきます。
味噌とチーズは同じ醗酵食品なので、とても合いますし、大葉を多めに入れることで後味も意外にさっぱり。玄米が入ることで、パラパラした食感が簡単に楽しめます。
ちなみに、使用した土鍋はデリシア専用のかまどさんではなく、一般的なかまどさんです。

味噌とパルミジャーノの焼きピラフ

材料:2人分
玄米・白米のブレンドご飯…200g(大盛り1杯程度)
味噌…大さじ1
パルミジャーノチーズ…5g
チリメンジャコ…大さじ1
大葉…7枚(混ぜ込み用⇒3枚、トッピング用⇒4枚)
胡麻油…少々(テフロンフライパンなら、チーズの油脂があるので無くても可)
黒胡椒…お好みの量

▼作り方
1)6時間以上浸水した玄米(一合)と、1時間浸水した白米(一合)を合わせ、ざるにとって30分置く。
2)ブレンドした米を土鍋に入れ、水400mlを加えて、後方のコンロで強火にかける。
3)吹き出し口から湯気がでてきたら約1分置いて、火を止める。
4)35分蒸らす。(玄米は白米よりも蒸らしに時間がかかります。)
5)味噌、パルミジャーノチーズ、ちりめんじゃこ、刻んだ大葉を混ぜ、熱いご飯を入れて、更にさっくり混ぜ込む。
6)フライパンに胡麻油を敷いて(5)を入れ、軽く炒めて黒胡椒で調整。
7)千切りにした大葉をたっぷり散らして出来上がり。

▼作り方のポイント
1)玄米と白米は浸水時間に5時間以上の差があるので、必ず別々にする。
2)玄米を浸水するときは、一つまみの塩を入れること。
3)パルミジャーノチーズはおろしたてを使うと風味が増します。※市販の粉チーズは厳禁

●ガスコンロの使い勝手、使用感お伝えしたいこと
<役立った機能>
1)液晶画面に火の強弱がイラストで表示されるため、非常に見やすい。
2)火力に安定感があるため、専用土鍋でなくとも炊飯が簡単に美味しくできる
3)フライパンが熱くなると自動的に火力が下がるので、同時調理で忙しいときにはとても安心!

<気付いたこと>
ステンレスの五徳は、驚くほど早く黒くなる。まめに洗浄しなければ汚れが焼き付けられて、落ちにくくなるので要注意!

<エコンロ隊からのアドバイス>
専用のステンレスクリーナーを使うと、驚くほどきれいになります。
クリーナーはリンナイのサイトから、簡単に手に入りますよgood

|

« わが家の自慢の夏レシピ応募作品★じゃこのせ豆腐サラダ | トップページ | わが家の自慢の夏レシピ応募作品★ジャージャー麺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« わが家の自慢の夏レシピ応募作品★じゃこのせ豆腐サラダ | トップページ | わが家の自慢の夏レシピ応募作品★ジャージャー麺 »